承認欲求の骨

総合的な言語感覚を磨く練習です。

淡家 朴 『レクイエム』(2018)

 

「私はお嬢様だから、毎日おいしい物を食べてるの。これすごくおいしいのよ。」

呆けた婆さんが介護用のプラスチック皿を震えながら持って言った。何度も自動食洗機の高い水圧に洗われて色の掠れたクリーム色が儚くて、介護用の先割れスプーンを持つ手の力が抜けていくのが分かった。

 

婆さんをどうすればいいのか分からない。

婆さんもどうすればいいのか分からない。

 

後ろの方で失語症の爺さんが、

「ちんこうんこちんこうんこ」と連呼している。昔、小学校の校長先生だったらしい。

 

家に帰ると、同じような光景があった。私はこの先、どんなことがあっても許して、受け入れて、生きていけると思ったのに。だのに、胸に五寸釘で穴を開けられていく。私だって毎日美味しいものを食べたいし、綺麗な家に、綺麗な服を着て、綺麗に生きていたいのに。なんて、キレイ事。目の前にある、この何も偽らざる人たちの姿。この、自分の弱さを曝け出さなければ生きていけなくなってしまった人たちの姿を見ると、私は、いよいよ何処に微笑んでいいのやら分からなくなる。これから、何を喜んで生きていけるのかしら。

 

「お母さん、早く死んで下さい。」女は消え入る様な声で泣いた。何でこんなになってまで生きているんだろう。きっと、審判の神は意地が悪いのだ。死の迫った弱い命を放っておいて、お気に入りだけは嬉々として攫っていってしまうのだ。

 

やがて、その日は訪れた。看取る者からすれば、それは一日一日の出来事の連続でしかなかった。故郷を捨て、街へ出て行った遠い親戚が、ここぞとばかりに涙を流す。

「偽善者、偽善者、偽善者。」

残された者の静かな毎日の痛みを知らない。放って置かれた田圃から、芽生えた毒の植物が、遠い親戚に向かって一斉に睨みつける。

「偽善者、偽善者、偽善者。」

その植物は誰にも聞こえない奇怪なノイズで発狂した。

 

「私の人生を返して。」女は、老婆の死に顔を恨んだ。

 

喪服の偽善者たちは、その日だけ、泣いた。

淡家朴 / 『情緒と言葉』(2018)

情緒と言葉に就いて、私が知る事を書きます。私は夢想家だと云う謙遜の様な自負の様な言葉を私は時々思う。此れ等は私の経験上どうも確からしいと云う分析に基就いて居る。若し乎すると其れは夢想では無いのかも知れ無い。私の頭の中には、私の思惟に飼育される何人もの男女が暮らして居て、私は経験に随って、其の人達と会話をし乍ら想像をします。此の人ならばどう言う乎、彼の人ならばどう言う乎、想像に想像を重ねて、言葉で思惟の小径を力弱く照らし乍ら、将に夢中で、其の小径を独り歩いて行きました。

小径には、腐葉土が堆積して居て、其処には蚯蚓が棲んで居ます。蚯蚓が言葉を食べては、意味の無い素を孔から吐き出して、腐葉土に栄養を与えます。私は情緒の足で以て其の土を踏み締め、森の奥へ奥へと小径を辿って行きました。

左の様にして結局、私は想像上の快楽へ私は逃げる。私は左う云う生も無い性を持って居る。私は偶さか、油が切れた様に成る事が有る。無気力に成る。何もしたく無い。兎に角、無で居たい。無に成りたい。私を消去したい。手汗を掻き、震え、能面の様に成って仕舞って、周りの人に困惑と苛立ちを与えて仕舞うのです。而して、困った事ですが理由が無いのです。何故、此んな気分に成って仕舞ったの乎という事だけが、一向に判然と成ら無いのです。故に、私は常に私を想像上の快楽へ往なして遣る必要が有ると思いました。私を救って呉れるのは、本当に申し訳ないのですが、周りの理解者の人では無く、私自身の述懐に拠って耳なのです。御免為さい。御免為さい。妻にも朋にも親にも同胞にも、私は申し訳が有りません。其れ程に魂を弱らせて仕舞った馬鹿なのです。

魂を弱らせたからこそ分かる事、其れは情緒が言葉を選んで居ると云う事、其れから情緒が思惟を掴んで居る為に、一度に其れ等は破滅に向かう事が有ったとしても可笑しく無いと云う事。私は一秒先の私を作り上げて行きます。他でも無い私の情緒と言葉を守る為に。

淡家朴『私とTwitter』(2018)

 私は凡そ大学二年位からtwitterを辞められ無いで居る。此れは恥ずべき事態なの乎もしれ無い。少し考えて見た。Twitterで綴ったツイートを偶さかに省見ては、目が滑る。余りにも文体が其の場限りと云う感じで、自分で見て居て阿呆らしく成る。故に、私はツイ消しに精を出す。否、出して仕舞った精を片付けると云った具合でツイ消して往く。而して私は四六時中、此の様なレベルの低い文を練り出して居たと云う事実に虚しい思いをする事に成る。私は持病に躁鬱が在る。躁ぎと鬱ぎを、一年に四回程繰り返して来た。最も此処二年、其の周期は一年に一回の躁ぎと一年に一回の鬱ぎと成って来て居て、其の代わりに症状が酷く成り、鬱ぎ期の心内状況も、愈々病的な物に成って来て、医者の薬を飲む事も多く成った。其の原因の一つに
twitterが関係して居るのでは無いかと自分を疑って見る。Twitterは業の遊戯で在る。集合知に潜水して言語感覚を装飾し、或る程度の風味を付けた文を創り、リアルタイムで公開する形式で行い、私小説をライブで綴り続けると云う遊戯で在る。其の特性としては、受け手の無意識を意識する必要が在る事。常に、他者の呼吸や思惟に曝されて居る事。故に、知らず知らずの内に、文体が何処か大衆を目指して求愛を始めるのである。と、此処まで書いてから突然、
twitterの事を考える気力が萎えて来て、此の儘では即刻種切れと成って仕舞いそうなので、一つ遠回りをしようと思う。

私は病で在る。如何いう病で在る乎は明確には解らないが、私一人は此の病の目撃者で在る事には一片の疑いも無い。私は、極めて脅迫的に私で在ろうとする。其の為には嘘を嘘とも思わない。極めて病的に、私個人に固執するのが私で在り、私と云う病のLabyrinthを構築する。最近の私は随分と我儘で在る。私は、世界から大人に成りたいと願う。其れは、世界の小共から崇められたいと思う驕慢に拠る。世界の小共とは則ち、社会の大人で在る。私を、気違いだと笑って澄まして貶める様な連中で在る。彼らよりも多くを持って居たいと我慾を肥え太らせて仕舞う。私は、時間も金も趣味も、そして何よりも私の創造及び作品と学問芸術を、より多く持ちたいと思う。高踏で在りたいし、魂を高い次元で充足させたいとも願う。詰まりは、馬鹿に近い。左の様な病の持ち主で在る。障碍者で在る。

さて。此処まで私の聖痕を見せ付けた訳だが、左の様な理由で、私は私が思わなく成る迄思い続けるし、其の思いの捌け口として、twitterを続けて居ると云う結論が導き出せた訳で在る。馬鹿にして戴いて構わない。最も低次元の遊びと申し上げて宜しい。今迄もそうされて来た。見て見ぬ振りで構わない。今迄もそうされて来た。「何を考えて居るの乎!」と御咎めを受けても何ら私は心ほほろがす事は無い。宛ら、排泄した後に尻を拭う時の表情と何ら変わらない面を提出するでしょう。私は私の性根が腐り切って居る事を態々語る事に嬉々として従事して居ると云う訳です。厭きる迄は、続けます。厭きる迄が私のtwitter生です。失礼。

淡家 朴『幻滅抄』(2018)

 

 私は私の身の上に置かれた事に就いて書く事しか出来無い。故に、物語を書く事が出来無い。故に、私は私の身の上に就いて熟考し、文を得る事しか、物を書く術を知ら無い。故に、私は熟考する。時に飯事を忘却せ使むる程に熟考を辞めない。熟考し厭きる迄が、私の人生其の物で在るん乎と疑う程に私は熟考を重ねる。

私は何故、熟考するん乎と、熟考して見るに、其れは矢張り私が、生く事に限界を感じて居るからで在って、全く生への拒絶で在ると考えらる。私は妻に何時も、仕事が嫌だ嫌だを言う。亦、偶さか旧い友に会っても、仕事が嫌だ嫌だを言う。話を聞くに、どうやら私の境遇は、かなり良い方で、相対優位を友に発しては、その場限りの満足を得るが、矢張り職場へ繰り出すと、左の様なカタルシス等は霧消し、亦、家へ帰っては妻に嫌だ嫌だを言う事に成るので在る。そんなに厭ならば転職すれば良いと、誰かは言う。併し、転職をして、その先で上手く行くと言う保証は何処に在る。其処で、今よりも悪い境遇と成ったら如何して呉れるん乎。転職に失敗したお詫びに死ぬまで金銭の面倒を見て呉れたらば、私は転職活動を始めるだろう。併し、そんな事は誰もして呉れぬ。私を屁垂れ、小心者、屑だと笑って澄まして居る連中だ。

私は私の死を、文に託した。其れは、先人を学ぶに、先人らは結構死にたがりで在るからでも在る。此れは私に取っては生きる手掛かりの何物でも無い。

私は、転職もしたく無ければ、無職に成る事も厭で、其の上、今よりも多くの賃金を貰いたいとも思い乍ら、併し決然として働きたくは無いのです。随て、私は死んだ様に生きて行く事を覚悟した。死んだ様に生きて行く為には、其れ成りの覚悟や気締めが要ると思って居て、其れは受動的抵抗、非暴力非服従を守る事だと決めた。私は、夢を見て居た事や、パトス的な生きる希望を持って居た事。其れを忘却せ使む事は出来ぬ事に、様々の感傷を起こす事の全てを冷却して生きて行く覚悟を決めました。故に、私は人よりも多く書物を読み、人よりも多く言葉を残して、人よりも多く歌を作り、人よりも多くの絵を描いて、人よりも多くのお酒を戴き、人よりも多く、気違いや白痴や淫売と関係して、死んだ様に生きて行く覚悟を決めた。

私は日に日に病的になる。私は日に日に、私の熟考が人より遠避かる事を覚えて居る。文体が変に成る。旧かしぽく成る。漢文ぽく成る。気違いぽく成る。左の様にするのが好きらしいです。兎に角、私は静かに独り分の思惟で生きて行くと決めたらしいのです。此れだけは誠めいて居る。

最後に、私の社会人としての気締めを述べて置く。人よりも遅く出勤し、人よりも早く退勤する。而して、仕事をして居ない時は完全に別の思惟をする。微塵も相手に迎合せず、兎に角直ぐ帰る。此れを徹底する。心労が在る時は、人に頼らず薬に頼る。少しの労働で、より多くの財貨を手に入れる事だけを考える。而して、妻と贅沢を沢山する。若し、妻が私を嫌う日が来たら、尤も、今の私は今の妻を大好きなので、其の日は死ぬ時かもしれませ淫売を買って、淫売と贅沢を沢山する。妻無いし淫売と美味しい物を食べ、妻無いし淫売と、美しい景色を眺め、妻無いし淫売と、旬な食材を料理して、妻無いし淫売と季節の移ろいに五感を喜ばせ合う。

此れが私の今の主な内心で在る。誰も彼も汚す事適わぬ無垢な私の述懐で在る。

淡家朴『闇から雑穀を簸る』(2018)

 

 

私は兎角、気散いで居た。もう戻る事は出来ぬ処まで遣って来て居乍ら全く帰りたかった。

故に暗い道を、力弱く照らす陰鬱な灯りを唯一の頼りにして無視する様に渡る他無かったし、私は私の仕事と結婚とに殆ど失明して居たに相違なかった。掛る獨白に一抹だに忌憚の念抱かず、亦、飽かずにその概形へ沿い乍ら文を拵える為体。随って私は兎角、気散いで居たに相違ない。

朝、沸沸と知覚が恢復して往くと同時に私は盲導の様に陰鬱の前を歩いて気の散ぎを治癒さしなければ為らぬ。朝の陰鬱は闇から抜いた雑穀の様に、まず簸らなければ為らぬ。私の日課はこの闇に雑穀を抜き、亦、此れを簸る事に他為らない。簸れども簸れども闇を脱く事叶わぬ事も在るが、兎角こそ簸る他、術無けれ。

陰鬱の森の前にして私は気の散ぎを治療さしなければ為らぬ。疲れて倒れ込んだ夜の翌朝も、病を引き摺り回して来た夜の翌朝も、闇から雑穀を簸らなければ為らぬ。

淡家朴 『死靈』(2018)

 

私は既に、人生に飽きてしまゐました。これから幾年も生きてゆかなければならないと想うと、やれません。はあ、ええと想うのです。

従て私は極めて素朴なままで在りたいと願うばかりです。何も目指さずに何も要求せずに、暇で暇で仕様の無い怠惰の大草原を、暇潰しの歌と文とを幾つか拵えながら、一人分の秘密の世迷言に齧り付いて居ようと願つてゐます。

但、私が今、秘密の世迷言に齧り付こうとしてゐるのを、じつと見つめて離さぬ一つの翳が在ります。翳は透明な舟蟲のような幻視を私に送ります。そして、その幻視を通して痴呆的に、亦、統合的に私を或る樂園の椅子に座らせようとするのです。嘗て、私が座つてゐたことを懐かしむように、翳は私を睨んでは、舟蟲を遣ります。舟蟲達は幾重にも列を成しては一斉にすばしこくザザザザと私の方へ這い出して來てしまいますので、手で追いやらいますと、椅子の下の方へ退いて行きました。

 

その日も、私は持ち前の精神の明るさで、報酬系を働かせては、樂園への招待を断り続けましたが、たうたう平生の仕事のことと、結婚生活のことのあれこれとが重なり、うつかり自閉と修繕との機会を取り逃がしてしまい、結果、無數の翳の介入を赦した上に思考停止を引き起こし、秘密の世迷言に一切合切感応跋扈することが無くなつてしまいました。従て私は、瞬間に身を堕としてゐたのでした。それから幾つか精神を改造して今が在ります。心の不穏なのに、釣上げようとしながら亦これを往なすのは、その時の経験と學習の結果に他なりません。

 

 

 

 

 

第6視聴覚日記 『フリクリ プログレ』(2018)

 

Nirvanaでロックの涅槃の頂きまで飛ばされた13歳で以って、

 

オルタナティブロック党で始まり、

ピロウズ党であり、

 

そして、

フリクリ党でもあった私。

 

 

フリクリの続編が出るらしと知ったその時分から、見たいような見たくないような、が、見るのであろうな、の気分でおったわけだが。

 

 

まぁ、見まさーな。

 

フリクリ オルタナ

フリクリ プログレ

の二段構えで来なすった、それを。

 

見まさーな。

 

 

フリクリ オルタナ』に関しては、特段感想は思いつきませなんだ。

PVを見返して、ああカナ?だっけ、ああこんな顔してたっけ、ああこんな感じだったっけ、というような喜びすら起こらない。

 

「なんか違うな」とだけ、拒絶反応を起こすのは、それだけ身体がOVAフリクリを覚えていて、知覚できる範疇を超えた所までも、それを越える、あるいは同等の何かを求め狂うからなのかもしれませんでした(日本語を多分間違えています、失念)。

 

そうしているうちに、『フリクリ プログレ』の公開日がやってきて、私は自動的に映画館へ入ります。

 

月に二度も東宝シネマを訪れたのは初めてでした。

 

で、

 

どうやらプログレの方が、私の知っているフリクリに近いもので、劇中に『Spiky Seeds』が挿入された場面で、ようやく安堵したことを覚えています。

 

健全な青少年の左脳と右脳の間の何だったかをあれして、でっかいのが出てきて…みたいな設定なのですが、

今回は、ヒロインのヒドミちゃんが井出くんに抱く、変態性欲をトリガーにして、それが起こるのが印象的でした。

あ、えらい直球に来ますね、と。思いました。

 

 

それから、

 

怪電波を受信して、天真爛漫な道化となったヒドミちゃんも、これが可愛かった。

 

名曲『MY FOOT』のメロディに乗って飛び跳ねる場面は、とっても好き。

水瀬いのりさんの声、何処かに連れてかれそうな、跳ねぷりに感動。

 

 

言葉にすれば、好きとか可愛いとか、そういう陳腐なものにしかならないので、つくづく誤謬レビューだなと思う次第。

 

 

ジンユもかなりタイプですね。

 

 

 

プログレを見終わって思ったこと。

例えば久し振りに遠くの恋人に会いに行った時に、会ってすぐ、また会おうねとか、次いつ会える。と次を求めて、今を楽しめないみたいな。ああ、これじゃあ今を生きてないわ的な、そういう虚しさな恋しさな、のまじなやつ。

 

ジンユの台詞(うろ覚えです)

小さい頃、花火を描こうとして失敗したことがあるだろう…のくだり。

 

花火を描こうとするんだけど、夜空は黒で塗りつぶすしかできなくて、確かに目の前にあった綺麗だった花火のかたちは描くことができないって。(まず火花を描いて、蝋を塗って、そこから水彩絵の具で塗るとか、最初から黒の画用紙に描くとか、そういうのではなくてね)

 

そういう大きな何かを求めて、大きな何かは掴むことできず、次へと羽ばたいていく。

 

トムスクだったか、アトモスクだったか。

あの怪鳥を追うハル子、それ追う私。という構成や演出は、ちょっとどうかと思うくらい真正面から表現されていたと思う。

 

 

フリクリの新作を見終わるという未来までやってきてしまって思うこと。

それは、開発打ち切りになった、ロックマンDASH3が発売される未来にも生きてみたかったななんて。

私の小さなボキャブラリの中で、カルト的な人気を誇り、発売何年と経ってなお、細々と新作を心待ちにしている人がいそうな作品は、やはりロックマンDASHシリーズです。話が飛躍しました。おわります。