承認欲求の骨

総合的な言語感覚を磨く練習です。

淡家 朴 『睡眠をやめてみる宣言』(2019)

 

私は、考えている。

 

ある時にはペンを持って、ある時にはギターを抱え、ある時には手持ち無沙汰で、私は考えている。

 

私は、向き合っている。

 

今、まさに今、刻々と過ぎていく時間と、向き合っている。とりわけ、これといった理由も、目的も無い。ただ、意識があるから、成り行きで、つい向き合ってしまう。

 

 

考えても仕方がないことだとか。

考えても答えが出ないだろうとか。

 

そういう人は、きっと、何も考えない人なのだろうと思うようになった。

 

だって、私はこれまでたくさんのことを考えて、

 

仕方が、あったし。

答えも、出た。

 

 

答えに囲まれて楽しかったし、

今、答えに囲まれて、楽しい。

 

 

だから、一つ一つの事柄に、私はこれからも考えて答えを出していくのだろうと思う。

 

 

今、考えていることは、

 

何故、人は睡眠を出来事や行事のように扱うことができないのか。

 

「睡眠」の扱い方だけ、変だなと思う。

 

寝なければ、病気になってしまう。

 

とか、

 

寝なければ、思考力が低下する。

 

とか、

 

睡眠を取らなければ、まるで生きていけないように、私たちは思い込んでいる。

 

でも、本当に、そうなのかな?と思う。

 

 

睡眠だけ特別扱いするのが厭になった。

睡眠だけ絶対条件のように考えるのに飽きた。

 

 

だから、私は、今、睡眠不足になろうと頑張っている。出来るだけ、寝ないで、仕事をしてみようと思っている。

 

 

仕事中に、つい寝てしまうって、すごく憧れる。

授業中に、つい寝てしまう人たちを、すごく羨ましく思う。

 

だって、決められた行動を斜めに跨いで行動出来ることって、すごい綺麗なことだと思うから。

 

 

私は何かおかしいでしょうか。

 

でも、もう私は、誰の助言も聞かないと決めた。

 

だって、誰も私ほど、物事を考えていないことが分かってしまったから。

 

誰かの答えは、所詮、「お前ごとき」の考えだと、白けてしまった。

 

全部、自分で、自分だけの答えを用意してみようと、そんなことを思っている。

淡家朴『創価学会を嫌うということ』(2019)

 

 

 

信仰の自由に先立って、表現の自由を認めて下さい。その上で、この記事を読んで下さい。

 

 

 

先日、本屋さんに買い物に出かけると、池田大作コーナーが設けられているタイプの本屋さんに邂逅しました。

 

ものすごい量の、池田大作の本が、8段くらいある書棚にびっしりとおさまって、こちらを見下げています。

 

 

創価学会に信仰が無いので、私は少し違和感というか異様な雰囲気を、目の前の光景に対して感じてしまいます。

 

 

 

しかし、私にも私なりの思想、宗教への興味や愛着というもの、また、信仰心そのものに対する尊重がありますので、不思議と嫌な気分にはなりません。

 

 

熱心な信者の方が、この本屋さんには居られて、その思想の素晴らしさを流布しようとなさっているんだなと、次に料簡が起こりました。

 

 

試しに、いくつか手にとってみて、読んでみましたら、別に、何もおかしなことは書かれてはいません。

 

 

かつて日本には、オウム真理教という、疑似科学、オカルト、インチキな宗教があり、後にテロ行為へ手を染めたことは、日本が世界に誇る恥傷の一つですが、別にそういう類の、いかがわしい内容であるとも思いません。

 

 

 

 

では、何なのだろうか、この違和感は。

 

 

 

 

これは、しっかりとした答えを用意しなければいけないことであるという料簡が、池田大作の本を閉じてすぐ、三番目に起こりました。

 

 

 

そもそも創価学会という宗教法人自体の歴史は古く、第二次世界大戦後のアノミーやカオスの中で、人々に仕組み(ストーリー)を与え、敗北主義への国家レベルでの集団ヒスの後遺症にあった日本人の精神基盤を築いた文化の一つと認識しています。

 

 

 

1964年に公明党を結成し、日本の三権分立のサイドへ気道を確保したことや、学問や芸術の分野に関しても、学校法人を設立するなど、教育の場面にも血を通わせたことなど、極めてホーリスティックな宗教法人だなぁという印象を受けます。

 

 

おそらく、この「手広さ」が、違和感の因子の一つなのかもしれないです。

 

 

 

しかし、宗教は、どうしても、宗教でしかありません。宗教とは、人が生きていく上で、避けられない不幸。こと死において、仕組みを説明して、安心を与える機構に過ぎません。

 

 

たとえば三権分立の一翼を担ったり、学問や芸術に関して、例えその床になったとしても天井になることはできません。

 

 

日本が日本である限り。つまりは三権分立の議会制民主主義国家である限りは、世間との相剋やイメージの独り歩き、故の誤謬解釈や、齟齬は避けられないことなのかもしれません。

 

 

ここで、誤解を与えたくないのは、私は宗教法人である創価学会が、三権分立及び、日本の政治に関わるなと主張している訳ではありません。

 

 

宗教は、極めてクリティカルな事情であり、むしろ政治へ向かうことは、至極当たり前のことです。

 

 

そういう人間の思惟に関する「当たり前」が、分からない人たちもいるということです。

 

 

 

また、創価学会の人々も、そういった「あまりよく考えない人々からの偏見や非国民扱い」といった、浅はかな眼差しに対しては、もう「慣れっこ」なのではないでしょうか。

 

 

甘んじる訳ではないが、受け入れざるを得ない犠牲。

 

 

 

私たちが人である限り、当然に引き受けなければならないもの。

 

 

 

ちゃんと見ている人たちなのではないですか。

 

 

 

そして、たかが、「宗教」なのですから、畏る必要も、敬遠する必要も、ましてや非難する必要もないのではないですか。

 

 

 

何を信仰するか、なんて自由なのだから。

 

 

淡家朴『頭爆発しそう』(2019)

 

 

 

私が今まで、音楽、ことCDに費やしてきた金額を、簡単に計算しましたら、300万円でした。

 

多分、楽器や、スタジオレンタル費用、ライブノルマ費用など、音楽に関する全てを合わせたら500万円くらいにはなるでしょう。

 

 

養育費に換算すると、中学生くらいまで育て上げたのでしょうか。

 

 

最近の私は、私の創作物、こと歌に関して、その愛着は病的になりつつあります。

 

 

私は、私の音楽に、金と時間と労力を注ぎまくっています。

 

 

 

しかし、誰も褒めてはくれません。

 

 

 

これは、かなり精神的に辛いことのように思います。子供を中学生くらいに育てておいて、その子供の存在を誰も認めてくれない状態、といえば、私の心中がいかに荒んでいるかということが少しでも伝わるかと思います。

 

 

 

誰かに認めて欲しいという感覚は、もはや病的なマッスとして、私の人生に堆積し、私を内面から焦がし始めました。このままでは、というか、もう手遅れなのかもしれませんが、まさに山月記の李徴の自嘲「臆病な自尊心と、尊大な羞恥心」のような精神潰瘍に自己を囲い込んだのかもしれません。

 

 

 

そんな虎の歌でよければ、YouTubeでzigと検索してみてください。

 

 

 

最近は、もう誰からも褒められないのが分かってきたので、目の前の現実も、全て私の妄想なのではないかと思おうと思うようになり始めました。まるで、私の精神を私自身が人質にとって、「構ってくれないと、私が離人症になっても知らないぞ。私の歌を聞いてくれないと、私が精神分裂病になっても知らないぞ」と脅しているような格好です。

 

 

自分でもブサイクだなぁと思います。

 

 

全部、自分で用意して、全部、自分が言いがかりをつけて、脳にプレッシャーをかけているだけなのに、ほとほと甲斐性無しの勘違い野郎。(誰も言ってくれないので、自分でメタ認知して言ってしまいます。)

 

 

夢野久作が、「自分の手の甲に自分で唾をつけて垢を擦り出し、自分の身体の汚さにびっくりするだけの虚しい遊び」とたとえた状態に等しいのかもしれません。

 

 

 

最近は、野良猫などに少女の姿を見て、話しかけては、彼女の言葉を脳内で作って、擬似会話を楽しんでいます。

 

 

電柱にも話しかけます。

 

カラスにも話しかけます。

 

枯れ尾花にも話しかけます。

 

 

 

全部私が作り出した妄想で、世界は初めて輝き始めます。

 

 

 

ははははははははははははは、楽しい。

 

 

淡家朴『優しい人ねって言われても』(2019)

 

 

 

優しい人だね。

 

 

 

私の中の、言われたら傷つく言葉ランキング上位を誇り続けている、まじないのような言葉です。

 

 

 

「やさしい」

 

 

 

やさしいとは、何か。

 

 

私が、他者に「優しい人だね」といわれた時の、私の心理を率直に描写すると以下のようになります、

 

「優しいという言葉の意味は、相変わらず分からないが、とりあえずあなたにとって何らかのポジティブな印象を与えたというのならば、当然である。何故ならば、あなたの都合を勘案して、それを考慮した上で、今こうして、あなたの都合に合わせて、立ち回っているからです。ああ、なんて当然のことを言うのか、ああそうか、私がこのように立ち回っているということを、あなたは見抜いていて、皮肉を言っているのだな、さては。」

 

 

1〜2秒のうちに、脳内の回路、シナプス、電流が、以上のように運転します。

 

 

 

ね、私は、優しい人なんかではないのです。

 

 

 

でも、一々にこういうことを私は伝えない。

 

 

 

キチガイ」だと思われてしまうから。

 

 

 

他人にキチガイと思われてしまうことは、結構、嫌なことです。陰で女性が3人くらいで集まって、私のことを見ながら、「あの人は病気なんだよ」「奥さんが可哀想ねぇ」「子供が可哀想ねぇ」とヒソヒソ話をしている。

 

 

そういう、嫌さがあります。

 

 

だから、私は、微妙な心の調子を保ちながら、平気で、「優しい」人になって澄まして、それなりにやります。もう慣れました。

 

 

 

「あなたは考えすぎだよ(だって私はキチガイだから)「普通の人は、そこまで考えないよ(だってあなたはキチガイだから)」

 

 

私は、私の思慮深さを労う全ての言葉の裏、その言外に「あなたはキチガイだから」という冷ややかな視線を読み取ります。

 

 

 

優しい人ね(キチガイめ)

 

 

 

と聞こえるようになって久しいです。

 

 

 

 

 

淡家朴『私は面白くない人』(2019)

 

 

私は、あまり人と話したくはありません。

 

 

特にコミュニケーションが苦手という訳ではありません。むしろ、他人に媚び諂ったり、コロコロと表情や態度を変えたり、時には虚偽の評価を伝えて、相手を喜ばせたりすることに上手な、所謂「上手を言うズルい」人間であるかと心得ています。

 

 

故に、ある程度、洞察力のある人間からは、肯定的な評価をされた覚えが無いというのも事実です。(適当なことばっかり言う道化だと思われている)

 

 

 

なぜ、私は適当なことばかり言うのか。

 

 

 

それは、私が「面白くない人」だからであり、故に、人と、あまり話したくないからです。

 

 

適当に、お世辞を言って、それなりにして、適当に気持ちよくなってもらって、早く帰ってもらいたい。

 

 

そう心から思っています。

 

 

不快にさせるような言葉を伝えると、その言葉をわざわざ、相手が腑に落ちるまで、説明してあげなければならない。

 

 

その無駄な労力が、極めて煩わしいので、適当なことを伝えて(しかも適当だとは思わせない)まぁそれなりに心を鎮めてもらって、早く帰ってもらうのです。

 

 

 

何か、おかしいでしょうか。

 

 

 

 

私は、人とあまり話したくなく、さらに心の裏では、ほぼ全ての人々を見下して、そして悪びれもせず生きています。

 

 

悪びれもせず。

 

 

 

私が偶さか、精神の具合の悪い時に、希死念慮に陥るのは、「今まで、こんなに嘘をついて、こんなに人を見下してきたのだから、そろそろ死んだ方がいいのではないか」

 

 

 

そういった、「優しさ」が勝つ為でもあります。

 

 

日本で最も売れた大衆文学、日本人に最も読まれている作品は、実は太宰治の『人間失格』といわれています。そして、その作品の主人公は、上手を言って、上手を演じて、生きてきた、「人に失望した」人です。

 

 

 

そういう、「ありふれた人の闇」を、これまた適当に真似ているのかもしれません。

 

 

まぁ、何にせよ、私が面白い人ではないということは紛れもなく事実であり、それが故に、基本的には人と話をしたくない。

 

 

ゲームしてたい。

本読んでたい。

絵描きたい。

 

 

まぁ、そういうエゴが買っちゃうんです。

 

 

だって、私に構うような、あんたも、

 

 

相当、面白くない人だから。

淡家朴『行儀脅迫根性』(2019)

 

 

「行儀が悪い」

 

 

こういう言葉を、何度も聞きました。

 

 

そして、何度も聞きながら、未だにこの行儀なるものと、打ち解けられていない私がいます。

 

 

 

行儀とは、何か。

 

 

 

例えば、食事の場面で、食事に集中しなければ、行儀が悪いと言われてしまいます。

 

つまり、食べ物を食べる時は、食べること以外のことはしてはならない。それが世間一般的な、食事の行儀に対する態度である、ということは了解されます。

 

 

では、そのようにして、行動を制限するのは何故か。

 

 

一つは、安全面の考慮があげられます。

 

 

それは、食事という場面が、丸腰状態であるからです。

 

 

ライオンの狩りを例にあげましょう。

 

 

ライオンは、食事中の草食動物を奇襲するといわれていますが、これは、草食動物たちが、食事に集中することによって、気が散漫になっている。そういう隙を狙っての行動だと思われます。

 

 

 

つまり、食事中には、危険がつきものなのです。

 

いつ、横から天敵が食らいついてくるか分からない。また、横から自分の食事を奪われる可能性だって考慮しなければならない。

 

 

そういう、生命維持に関するクリティカルなリスクから、本能的に防衛する為に、私たちは、何かしながら物を食うということに対して、心が整わない、不穏な感覚を抱くのだと思います。

 

 

 

したがって、意識が完全に奪われない程度ならば、食事と並行しても罪悪感を伴わない、ともいえます。

 

 

そういった、不安定な心理から、何となく、テレビくらいならば、見ながら食べても行儀は悪くない。

 

 

と、思い込んでいるのです。

 

 

 

しかし、そんなわけないでしょう。

食事中に食事以外の行為を制限しておいて、テレビだけは例外、というのは、

 

 

 

バカの思い上がり以外の何ものでもありません。

 

 

 

私はこういう御仁に対しては、極めて不快感と、嫌悪感を、もう何年も抱きながら生きてきたといっても過言ではありません。

 

 

 

行儀行儀と、正義のようなものを分かったような顔をして振りかざし、束の間、自己肯定感を得るような人々。

 

 

 

これらは、全て、

 

 

「バカのクセに威張りたい」

「無能なクセに有能ぶりたい」

 

 

という、極めて悲惨なメンタリティの暴露以外の、何ものでもありません。

 

 

 

正義は、誰にも分かりません。

何が正義なのかを、私たちは提示することができません。

 

しかし、何が不正か、というのは感覚的に理解することができます。

 

 

したがって、「これをしては何となくいけない気がする」という行動を自主規制して生きることで、正義を演出することができます。

 

 

 

正義を演出するというのは、言い換えれば、「良い子ぶる」ということです。

 

 

つまり、行儀を主張する人々には一貫して、良い子ぶって、他人から認められたいという承認欲求が貫いています。

 

 

つまり、こういう人々は、「良い子ぶって他人から認められる」ということが、いかに虚しく、滑稽で、惨めなことかということを想像する為の感性的思考力を著しく欠いた状態にあると申し上げてもよろしいでしょう。

 

 

 

結論として、私は、やはり、これからも、食事中にスマホを構い続けるでしょう。

 

そして、それは別に、一般を逸脱したいという反抗でもなければ、自己中心的行為に対して、思弁的な正当化の化粧を施して上手にやりたいというような思い上がりの発露でもなく、ごく自然に。

 

 

そして、そういった「行儀」なる物差しで、人間の中身を分かったような気になりたがる「クソバカ」どもに、可哀相だなぁと、憐憫の眼差しを注ぎたいと思います。

 

淡家朴『死後の世界』(2019)

 

 

死後の世界はあるのか。

 

私は、無いと思う。

 

 

理由は、簡単。

 

数ある臨死体験の、どれを読んでも、

人間の宗教の世界観の域を出ないからだ。

 

 

臨死体験として、世界的な注目を浴びたのは、アメリカの脳外科医、エレンアベグサンダーのものだろう。彼は、脳外科医として、死後の世界を認めた人類最初の権威といえる。

彼自身の臨死体験の特徴は、意識を超越しているというところにあった。

 

意識を司る大脳皮質が炎症を起こし、機能して居ない状態。つまり、意識を作り出すことが出来ず、夢を見ることすら出来ない状態。

 

そのような脳の状態にあって、彼は別世界を旅して居たという。そして、それを死後の世界だと名付けて、実しやかに語ったのだ。それも、実績のある脳外科医が、である。

 

 

しかし、やはり、眉唾である。

 

 

その世界観は、古代神話とも、ユダヤ教的とも、ダンテ的ともいえる。神や、天使といった言葉が、彼の著作には並ぶ。

 

これでは、宗教。

あるいは、生前の信仰に基づいている。

 

 

もし、本当に死後の世界があるのならば、そういった宗教的な世界観を超越しなければ不具合があるだろう。

 

生前に信仰していた宗教や、生前の暮らしがあった文化圏の延長線上に死後の世界があるというのならば、その人が、死後の世界で、別の宗教や異なる文化圏の人々と、なんらかのコンタクトを取ることは可能なのだろうか?

とか、様々な不具合が容易に想像できる。

 

私たちは「魂」とかいって、目に見えないものを簡単に表現するが、「魂」という考え方も、一つの思想である。

 

 

この、思想や宗教、観念や思惟の大洪水は、死後の世界で、どのように整えられていくのだろうか。

 

 

そして、死後の世界が本当にあるのならば、そういった、思想や宗教の概念を超越した何らかの共通したイメージが、人類全体の共通した認識として、長い時間をかけ堆積しているはずである。

 

 

しかし、長い時間をかけて堆積しているものは、歴史である。そして、人類の歴史とは、物語であり。物語とは、まさに宗教である。

 

 

色々考えると、全人類を包み込み得るという壮大なテクスチャーとしての死後の世界の存在は、難しいだろうなと思わざるを得ない。

 

 

では、一人一人にそれぞれの死後の世界があるという考え方。

 

それでは、妄想とあまり変わらない。

 

 

 

 

以上のようにして、死後の世界への幻想など、死の苦しみを和らげるための、ほんの気休めに過ぎないと分かって、嫌に虚しくなる。