承認欲求の骨

総合的な言語感覚を磨く練習です。

映画鑑賞第5回『パラサイト 半地下の家族』(2019)

 

映画考察、5回目は、ポン・ジュノ[韓国]1969〜『パラサイト 半地下の家族』(2019)です。

 

舞台は現代韓国。内職で生計を立てるスラム街の四人家族が、身分を詐称し、裕福な家庭のもとで、家庭教師や家政婦として"寄生する"というお話です。

 

 

「韓国格差社会」の社会構造に対する皮肉は辛辣ですが、これはコメディタッチで描かれていることもあり、この映画のテーマではないのかなと思いました。あくまで、「お決まりのご挨拶」としての社会風刺。そんなような、少し虚しい2019年の空気感です。みんな知ってるんです。周知の事実よ経済格差なんて。という感じ。

 

この映画の最大のモチーフは、「アドホックな秩序の柱」かな、と思います。

 

映画冒頭。主人公が、友人から家庭教師の代替えを頼まれる時に渡された石。石英かなんかの巨大な石。あれが、「アドホックな秩序の柱」です。

 

主人公は、その巨大石を手に入れた時、「象徴的だ」というセリフを確か、言います。

そう。まさにその石こそが、格差社会を生き延びる為の秩序の象徴なのです。

 

「石」は、物質です。

しかし、「石と巡り合う機」というのは、運。

 

現代社会は、あらゆる幻想に支配されていて、それは例えば「お金」だとか「幸福」だとか、そういう事柄。これは、フランス現代思想構造主義だとか、ポスト構造主義なんかが説明したことですが。

 

とにかく、「幻想」の中で、「経済格差」だとか「学歴闘争」だとかが行われている。

そういう「幻想の混沌、カオス」の中で、私たちは、「物質的」な「運」を待ち望んでいるのです。

 

 

「物質的」な「運」。

その象徴が、友人から貰った「石」なのです。

 

主人公の父は、映画の終盤、水難に遭った後、「無計画であれ」というメッセージを残します。

とにかく、無計画であれ。というメッセージ。

これは、日本でも311の震災以降、常に言われてきた人々の駆動因です。

 

2011年3月11日。東日本のある小学校が津波に飲み込まれました。避難訓練と同じ段取りで動いた生徒、教師は、みな亡くなりました。助かったのは、「指示通り動かなかった生徒と教師」でした。

 

これは、あるパラダイムシフトのきっかけとなりました。

 

「秩序は、アドホックであらなければならない」

 

アドホックとは、「それまでの事態や言動の集合(カルマ)を抜きにして、その場に居合わせたもの同士で繋がる」という意味合いがあると、私は理解しています。

 

1980年代後半から、哲学の論壇を中心に、世界中で始まった、多様化やグローバリズム

 

30年の時を経て、それが世界中に、あちこちで「共感」を伴って、響き始めたのが、昨今(2016,17以降と私は思っている)の、混沌とした資本主義優位の喧騒です。

 

 

アメリカ、韓国、そして日本。経済格差、格差社会という言葉は、ここ10年、15年、叫ばれ続けているトピックでしょう。

 

そこで、最早、人々は一度、秩序を失って。

その機会が訪れた時。つまりは、「運」が向き、偶さか目の前に秩序の真柱が出現した瞬間にのみ、全生涯をもってコミットメントする。

全てが跡形もなく流れた時は、それまで。

 

 

かつてマルクスは、資本主義が終わり、社会主義が来るのだと予言しました。

しかし、現実は、どうでしょうか。資本主義は終わりません。しかし、この資本主義には、もっと強烈な意味での社会主義。謂わばアナキズム的な。さながら「資本主義寄生型社会主義」のような大きな「半地下の胎動」が、蠢き、犇いているのではないでしょうか。

 

映画鑑賞第4回『桐島、部活やめるってよ』(2012)

 

桐島、部活やめるってよ』(2012)をiTunesレンタル(¥407)で、観ました。

 

 

「バレー部のキャプテンの桐島が、部活をやめるらしい」という噂を聞いた「桐島の周縁」と「『桐島の周縁』の周縁」が、それぞれに心を動かし、それぞれに行動する。また、その様を、明確な主人公やプロットを置かず、俯瞰することで、人と人との意図せぬ(或いは半ば意図した)繋がりの可笑しみを浮き彫りにする。

 

というような作品でした。

 

 

2000年代アニメーションの文脈の一つである「日常系」にみられるような、「誰も死なず、何も失わない」作品。つまり、臨界点を設けない作品です。

臨界点も、明確なプロットも示されないので、少し拍子抜け、肩透かしを食らう気分になりました。

 

大きなテーマは「実存主義」でしょうか。

 

「現実」とは、「一人の私が、まさに今、ここにあるということ」の集合体に過ぎない。

 

そういうような視座が、映画全体を、静かな瞑想のように貫いています。

 

実存主義というような戦後思想が再び注目されつつある昨今。それは、なぜでしょうか。

 

考えられるのは、「学校生活」のイメージの普遍化。

 

具体的には、

 

"「スクールカースト」「美醜差別」「恋愛至上」といった事柄が、教育現場のリアルを演出する"

 

というイメージのコモディティ化です。

 

「学校って、ぶっちゃけそれだけ」

というような、感性の飽和。学生たちは実際、見事なまでに無個性的な環世界を作り上げていく。学園ドラマのような言葉。学園ドラマのような振る舞い。学園ドラマのような性的な痴話。学園ドラマのような家庭事情の吐露ないし隠蔽…。

 

"中高生レベルのシナプスは、もはや完全にハックされている"のかもしれません。

 

だから、タイトルにもある「部活やめるってよ」っていう簡単な一言に、感性などの知能的営みがドライブされてしまう。

 

「部活」

と、

「てよ」

で、喚起されるくらいの大きさ、分かりやすさでなければ、もう誰も分かろうとしないのかも、知れません。

映画鑑賞第3回『時計じかけのオレンジ』(1971)

 

iTunesレンタル(¥407)で、スタンリー・キューブリック[アメリカ]1928〜1999の『時計じかけのオレンジ』(1971)を観ました。

 

「近未来のロンドンとされる異世界を舞台に、主人公の非行少年が、特別な治療を受け、ロボット的に更生し、再び人間性を取り戻す。」

 

というお話です。

 

R18作品で、強姦、輪姦、撲殺、リンチ等の場面があります。イギリスでは劇場公開禁止となりました。

 

確かに、暴力を賛美するような扇情的な映像作品ともいえますが、主人公の台詞や悪趣味な小道具には、不思議な魅力があります。

それは、ビートニク、ビートジェネレーション文学に通底する「ヒップさ」「クールさ」のような、「不謹慎な魅力」です。

特に、「裸婦人形の乳房から、覚醒剤入りミルクを注ぐ」というような発想は、残念ながら、頭がおかしいとしか言いようがありません。

 

これは、言葉が悪いですが、「スタンリー・キューブリックという一人の気違いの作った映画」と言うしかない。

そんな、危なっかしい熱量全開の映画でした。

 

公開された1971年、という時代が時代だったのかもしれません。

ベトナム戦争文化大革命五月革命といったトピックの60年代を終え、冷戦下で、「思想」と「科学」がぶつかり合っていた時代。

 

"「革命」への暴力を抑え込もうとする「管理」主義的なアメリカの徹底ぶりが、どこかナチス全体主義にも見える"

 

というような嫌悪感が、この映画の暴力的な演出に、説得力を与えているように思いました。

 

余談ですが、実はこの映画、高校の美術の教科書に載っています。青少年の健全な心身の発達に対して、著しく教育的配慮を欠いていると言われそうですが、私は個人的には、全然いいと思います。「責任は取らないが、暴力なるものを、学際的に踏破してみよう。」というような考え方は、嫌いではないのです、困ったことに。

映画鑑賞第2回『マネー・ショート華麗なる大逆転』

 

マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)をiTunesレンタル(¥407)で、観ました。

 

 

1978年、住宅ローンを担保にした「モーゲージ」という債権が発明されました。

 

 

「住宅ローンは、普通、みんな返すだろう」

「住宅ローンを組めるような社会人なんだから、大丈夫だろう。銀行も、当然、貸し付けの時に信用調査をするわけだし」

 

ということで、多くの投資家たちが、この「モーゲージ債」を買いました。

 

そして、「モーゲージ債」は売れに売れ、銀行には巨額のお金が流れ込みました。

 

 

そして、「モーゲージ債」は、とうとう売り切れました。

 

 

これに味をしめた銀行は、「サブプライム」という「モーゲージ債」をつくります。

 

 

サブプライム

つまり、「サブ(副)プライム(優良)」

 

良いように言っていますが、

実際は、所得の低い層のこと。

「家を買うほどの稼ぎのない人たち」です。

 

 

「家を買うほどの稼ぎはないのだけど、家が買えるなら欲しいし、これからがんばる」

 

という人が、アメリカに、およそ5000万人いました。

 

この「5000万人分の住宅ローン」を証券化して、銀行は投資家に売ったのです。

 

2001年、当時この「サブプライム」は、完璧な金融政策、経済政策と言われていました。

 

サブプライムが破綻する」という状況は、あり得ないとされていました。

 

もしサブプライムが破綻したとして、その時は何百万人もの人が家を失うことになるし、そんな状況は、あり得ないだろう。前例もない。

 

「前例がないから、あり得ない。」

そう笑って唾棄されていたそうです。

 

 

しかし、蓋を開けてみると…

 

2001年から2006年のうちに、「何百万人もの低所得層の人々が、サブプライムローンで買った家を、"夜逃げ"、"破産"というかたちで手放していました」

 

しかし、そのことを、銀行は隠蔽し続けました。

サブプライム」の信頼と売り上げを守るためです。

 

 

結果、サブプライムローンは破綻します。

 

 

結果、

 

800万人が職を失い。

600万人が家を失いました。

 

 

というお話です。

 

 

サブタイトルに「華麗なる大逆転」とあるように、サブプライムの実態を知る者、知ろうとする者がいなかった2001年から2006年のうちに、サブプライムローン破綻を見抜き、銀行と「モーゲージ債破綻時の保険」を契約し、26億万ドルを稼いだ男も描かれています。

 

 

しかし、この映画の見どころは、そこではないように思います。

 

 

先日、「銀行員を目指している経済学部志望の高校生」と話していて、経済ってなんだろう。金融ってなんだろう。となりました。


金融。

「金を融通する」と書いて、金融。


つまり、


「後で利子をつけて返すから、お金貸して」

というやりとり。


これを、利用した商売。


それが、金融です、ね。


家が欲しい。
でも、お金がない。

いや、今は、ないだけ。
だから、お金を借りて、家を買う。




銀行からお金を借りて家を買う「住宅ローン」という"借金の文化"を「一人前の社会人の証」として一般化、標準化したのがアメリカです。

この文化は日本にも当然伝わりました。

かつて、多くの人が家を買いました。
そして、家や車を買うことで、「一人前の社会人」であると認め合ったのです。

今でも、「車を買う」「家を買う」ということが、「社会的に"一人前"であることの証」のように扱われています。

「ある程度の安定した稼ぎがあって、社会的にも信用されている」ということ。それを証明してくれるのが、「住宅ローン」です。


そんな「一人前の証」である「住宅ローン」を使い…、

いや、「家を買うことで、社会的に一人前になったのだと人々に錯覚させる資本主義社会の構造」を使い…

さらには、

「家を買うことで、社会的に一人前になったと認められたい、低所得層の人々の心理」を使い…

アメリカを、ひいては世界を、

金融危機に陥れたのが、今回、この映画の内容である「サブプライムローン問題」です。

 

 

この映画の演習課題は、二点。

 

 「これをすれば一人前」

「○○ならば認められる」

 

そういったことが幻想であるということに気づかなければならないということ。

 

 

そして、

 

「そんなことは、前例がない」

 

 

と、たとえ99.999%の人が唾棄したとしても、

それがゆえ、それだからこそ「批判的に考察する」べきことがある。

 

ということです。

 

 

アメリカが「虚飾にまみれたおべんちゃら経済」のお手本を示してくれた。

だから、それと同じことをしないように、

経済のこと、学ばなければならないのだと思います。

 

淡家朴『よりぬきzig5月号』(2020)

 

ハムをパックから取り出してすぐの、4枚重なった状態で食べる。無頼派なので。

 

マルクスはパンクロック。サルトルはヘビィメタル。レヴィストロースはオルタナティヴロック。

5/2

 

 

敬意・感謝・絆・銃・病原菌・鉄

5/6

 

 

大東亜共栄圏も絆みたいな感じでやってきたもんね。

5/7

 

 

「バカにされたから怒る」という感情反応、脳波を削除したい。

5/8

 

 

娘と、「おかあさんといっしょ」を見ていた。規律運動のような映像が反復される。僅かにエロスがある。

 

蕁麻疹に対抗して抗ヒスタミン剤を入れるのに、抗ヒスタミンは選択的セロトニン再取り込み剤と拮抗するので、身体が自然とヒスタミンを摂取したがっているの、か。

5/16

 

 

 

 

 

 

 

淡家朴『正常性バイアス的な、あまりに正常性バイアス的な』(2020)

 

 

ここ数ヶ月、私の社会生活に著しい影響を与えた「コロナ」というキーワード。

 

「私はコロナを他人に移したくはないが、それ以上に、コロナに移りたくはない。マスクは、他人の感染リスクを下げるかもしれないが、私が他人から感染させられるリスクを下げられない。したがって、私はマスクをつけない。」

 

そういう反抗的な心理が、完全に殺菌されてしまって、私は外出する時にいつもマスクを着用してしまっている。みんながそうしているから、という理由が、とても楽なのである。

 

これは、どういうことかというと、人類が差別や戦争をしてきた、ということである。

 

繰り返すが、「みんながそうしているから」という理由が、とても楽なのである。こういうことで、お手軽に帰属感を味わえるのだ。それは何と、楽で、便利なことか。

 

このように同調圧力に見事敗北した私は、もしもナチスドイツに生まれていたら、ユダヤ人を見殺しにしたのである。もしも右翼の家庭に生まれていたら、人種差別をしていたのである。

そんな可能性が、寂寥感となって今、私の目下の鼻と口元を、白く隠すのである。

 

 

しかし実際、私はユダヤ人を見殺しにしたことはない。人種差別も、しない。だからそんなことは一切どうでもよく、一切は過ぎてゆくーー

 

 

そう、在宅勤務終了、在職場内勤務再開のてつはうが撃たれたのである。

それは今でも、私の脳内で爆竹のように鳴り響いている。

 

「コロナ自粛の世界」は、水槽で培養された脳が見せていた夢であったのだ。

そう、我々は覚醒したのであるーー

 

 

私の職場の人々は、意地っ張りな人が多いらしい。黙って、飄々としている。

「そんなこと思っているのは、あなただけですよ。」という顔をして、澄ましている。あれだけ騒いでいた癖に、コロナ下火で、急に正常性バイアスみたいになっていく人々に、私は若干の眩暈を憶えた。そして、同時にそれは、極めて不健康にも思えた。心に余裕のない現代人そのもの、というか。

 

マスクをして、手を洗う。しかし実際にそれは、どのような効果をもたらすのか、はっきりと完全には分かれない。つまりそれらは、仕草であり、記号でしかない。

 

自粛が終わる。そして、また、同じような知能労働を開始する。それは、仕草でしかない。

 

彼らも、そして私もまた同じように、その仕草の記号的意味に疎外されている。

 

 

報道や政治機関が見せる、「社会の大きな流れ」という漠とした何かに合わせて、個人も同じように、また、大きく動こうとする。そういうダイナミズムの連動に、時折、ついてゆけなくなる。

 

私は、何のために今ここに、こうしてあらなければならないのか。

 

根源的な問いの中にしか安らぎを見出せなかった夢遊病者たちの、長い長い放浪が、再び始まろうとしている。

映画鑑賞第1回『閉鎖病棟-それぞれの朝-』(2019)

閉鎖病棟-それぞれの朝-』(2019)をiTunesレンタル(¥407)で、観ました。

 

監督,脚本:平山秀幸

原作:帚木蓬生

出演:笑福亭鶴瓶綾野剛小松菜奈

 

 

死刑執行中の過失の隠蔽の為(という極めてフィクショネスフルな設定)、世間から抹殺された存在として精神科病院で生活を送る笑福亭鶴瓶

 

と、(おそらく)統合失調症による幻聴発作の治療の為(どういう経緯かは分からないが、家族からはツマはじきにされている)、精神科病院に入院した、綾野剛

 

と、母の再婚相手の父から性的虐待を受け、懐妊し、その後に鬱病となって、精神科病院に入院(その内実は母親の娘への憎悪によるもの)した、小松菜奈

 

 

この三人が、同じ精神科病棟で、束の間、ささやかな友好関係を築くも、それぞれの理由(殺人、退院、レイプ被害)によって、一度離れ、その後に法廷で(半ば強引な設定を経て)顔を合わせるも、彼らの人生が再び交わることはなかった的な終わり方をする作品でした。

 

 

個人的な見所は、笑福亭鶴瓶のハードコアな演技。

笑福亭鶴瓶は劇中で2度、計4名を殺害しますが、その演技がすごい気迫で、よかった。ちょっと全身が身震いしました。こわいな、と思った。(夢に鶴瓶出てきてうなされそう)

 

綾野剛は、精神科病院の中ではナイスガイとして立ち居振る舞いながら、家族への拭い去れないトラウマ(これは作中で語られることはありませんでした)と、それによる統失症状が、二項対立的に表現されていました。とくに幻聴発作のシーン。ほんと、上手で、胸が重たくなりました。そうそう、こういう感じになるんだよね…。

 

 

小松菜奈は、映画終盤に、「ああ、これから、あのザ悪役という感じの俳優にレイプされるのか…」と思ってからが結構しんどかった。というか、これは仕方のないことですけど、映画の性的暴行の描写を観るのが、苦手なんです。目を逸らしたくなる。

 

というか、芸術としての性的暴行シーンって、一体何を目指しているのでしょうか。

リアルな女性の苦しみとかって、絶対に映画では表現できないと、そう思っています。

 

 

ラストシーンで、笑福亭鶴瓶が涙を堪えるのですが、そこで少し興醒め。無理やり感動ポルノのスキームへ誘導している感が否めない…。そして、エンドロールに何故か、「K」というポップスシンガーの甘い歌声とポップなメロディが…。いや、これは映画全体の陰鬱で禁欲的なイメージを殺しており、完全に興醒め。

 

 

 

トータル5.0段階評価とすると、2.0というところでしょうか。