承認欲求の骨

総合的な言語感覚を磨く練習です。

2018-04-02から1日間の記事一覧

淡家朴『駅員』(2018)

美男子走性の眼球とその他諸々の神経の集合体は、自己の顔面という概念を忘却し、無人駅のふりをしている。 私は、無銭乗車の常習犯を今日も捕まえられないでいた為、無用に苛立っていて、 「ちよっと〻、おじやうさん、そんなところで、そんなかっこうをし…