承認欲求の骨

総合的な言語感覚を磨く練習です。

第6視聴覚日記 『フリクリ プログレ』(2018)

 

Nirvanaでロックの涅槃の頂きまで飛ばされた13歳で以って、

 

オルタナティブロック党で始まり、

ピロウズ党であり、

 

そして、

フリクリ党でもあった私。

 

 

フリクリの続編が出るらしと知ったその時分から、見たいような見たくないような、が、見るのであろうな、の気分でおったわけだが。

 

 

まぁ、見まさーな。

 

フリクリ オルタナ

フリクリ プログレ

の二段構えで来なすった、それを。

 

見まさーな。

 

 

フリクリ オルタナ』に関しては、特段感想は思いつきませなんだ。

PVを見返して、ああカナ?だっけ、ああこんな顔してたっけ、ああこんな感じだったっけ、というような喜びすら起こらない。

 

「なんか違うな」とだけ、拒絶反応を起こすのは、それだけ身体がOVAフリクリを覚えていて、知覚できる範疇を超えた所までも、それを越える、あるいは同等の何かを求め狂うからなのかもしれませんでした(日本語を多分間違えています、失念)。

 

そうしているうちに、『フリクリ プログレ』の公開日がやってきて、私は自動的に映画館へ入ります。

 

月に二度も東宝シネマを訪れたのは初めてでした。

 

で、

 

どうやらプログレの方が、私の知っているフリクリに近いもので、劇中に『Spiky Seeds』が挿入された場面で、ようやく安堵したことを覚えています。

 

健全な青少年の左脳と右脳の間の何だったかをあれして、でっかいのが出てきて…みたいな設定なのですが、

今回は、ヒロインのヒドミちゃんが井出くんに抱く、変態性欲をトリガーにして、それが起こるのが印象的でした。

あ、えらい直球に来ますね、と。思いました。

 

 

それから、

 

怪電波を受信して、天真爛漫な道化となったヒドミちゃんも、これが可愛かった。

 

名曲『MY FOOT』のメロディに乗って飛び跳ねる場面は、とっても好き。

水瀬いのりさんの声、何処かに連れてかれそうな、跳ねぷりに感動。

 

 

言葉にすれば、好きとか可愛いとか、そういう陳腐なものにしかならないので、つくづく誤謬レビューだなと思う次第。

 

 

ジンユもかなりタイプですね。

 

 

 

プログレを見終わって思ったこと。

例えば久し振りに遠くの恋人に会いに行った時に、会ってすぐ、また会おうねとか、次いつ会える。と次を求めて、今を楽しめないみたいな。ああ、これじゃあ今を生きてないわ的な、そういう虚しさな恋しさな、のまじなやつ。

 

ジンユの台詞(うろ覚えです)

小さい頃、花火を描こうとして失敗したことがあるだろう…のくだり。

 

花火を描こうとするんだけど、夜空は黒で塗りつぶすしかできなくて、確かに目の前にあった綺麗だった花火のかたちは描くことができないって。(まず火花を描いて、蝋を塗って、そこから水彩絵の具で塗るとか、最初から黒の画用紙に描くとか、そういうのではなくてね)

 

そういう大きな何かを求めて、大きな何かは掴むことできず、次へと羽ばたいていく。

 

トムスクだったか、アトモスクだったか。

あの怪鳥を追うハル子、それ追う私。という構成や演出は、ちょっとどうかと思うくらい真正面から表現されていたと思う。

 

 

フリクリの新作を見終わるという未来までやってきてしまって思うこと。

それは、開発打ち切りになった、ロックマンDASH3が発売される未来にも生きてみたかったななんて。

私の小さなボキャブラリの中で、カルト的な人気を誇り、発売何年と経ってなお、細々と新作を心待ちにしている人がいそうな作品は、やはりロックマンDASHシリーズです。話が飛躍しました。おわります。