承認欲求の骨

総合的な言語感覚を磨く練習です。

『ハウルの動く城』(2004)を観ました。

 

2018.8.10

金曜ロードショーで、

ハウルの動く城』(2004)を観ました。

 

何パターンか切り口はありそうですが、ざっくりといえば、男と女、人間性と非人間性

明確なコントラストが小気味よく編まれた作品だなぁと思いました。

 

ジブリの作品は、児童小説を主軸にしつつ、

細部まで丁寧に作り込まれていて、まさに純文学をアニメで楽しんでいるような感動があります。『ハウルの動く城』は特に、その文学性が前面に出た作品ではないでしょうか。

 

アニメで描けるスケールの限界というか、やはり文字媒体は強いなぁと、思ったりもしますが、昨今のアニメには無いものが封印されているなと再確認しました(一昔前に流行った新海誠さんの作品とは文学性という点では真逆の路線ですね)

 

作品全体の総評能力などは、私にはありませんので、他記事に譲るとして、

登場人物である「ハウル」の第一印象に、カラヴァッジォの『ナルキッソス』を感じました。

 

誰か、共感してくださる方はいませんか?笑

 

自信が無い青年が、その自己否定の反動として自己愛に溺れ、我を失う姿。

「ナルシスト」という言葉の語源である『ナルキッソス

 

それを画一杯に表現したカラヴァッジォの『ナルキッソス

私が一番好きな絵画作品です。

 

 

誰も触れられない世界に塞ぎ込むことの惨めさ。

 

何十時間、何百時間もかけた絵や歌に宿る力。

芙蓉の様な美しさと、それに囚われることの虚しさ。

 

誰にも評価されないまま、執念で盲信する創作活動は、何も知らない他人から「無駄な努力」だと笑われるか、「面倒くさい」といって黙殺されます。

何度も気が狂いそうなって(実際、私は社会性にズレを感じています)

 

ハウルの動く城』を観て、私は、それでも続けよう、いや、自分なりにも磨いていこうと思いました。

 

だって、批判する奴らは、基本的に「何もしていない」のだから。

 

 

私の人生、映画はせいぜい、数百本ほどしか観たことありませんが、宮崎作品は、創作心を撫でては筆に勇気を与えてくれる、そんな作品だなと改めて思いました。

 

オリジナリティは自分にしか求めない。

そんな風に生きていきたいです。