承認欲求の骨

総合的な言語感覚を磨く練習です。

第1視聴覚日記 Mutemathの『Odd Soul』(2011)を聴きました

 

 

Mutemathの『Odd Soul』(2011)を聴きました。

こちらはTSUTAYAにて、レンタル落ち(10円)で購入させていただきました。

 

 

 

Mutemath (2004〜)

 

初めて聴きました、日本でも人気のあるアメリカのオルタナなロックバンド。

 

Kings Of Leon

The Kills

 Cymbals Eat Guitars

 

とかに並ぶくらいかっこいい。

と、評されても不思議ではないな。

と、一聴して思いました。

 

今回聴いた作品、『Odd Soul』には、特にこれといったキラーソングは無かったけれど、コンスタントにかっこよかった。

 

Track 3.「Blood Pressure」★☆☆☆☆

https://youtu.be/cv2mjAgFTaI

ギターリフといい、何も新しいことはないのだけれど、1ギターリフ、1メロ、ギターソロ無し、3分4秒。こういうの、好き。

多分あと5回聴いたら飽きると思うので、2年に一回くらい聴こうと思った。

曲名からThe Killsの地味かっこいい良盤『Blood Pressures』を思い浮かべてしまい、そのイメージが先についてしまって、脳が勝手にカッコいいぞと勘違いしたのかもしれない。

MVがあるので、リード曲なのかな?

知らんけど。

 

Track 9.「Walking Paranoia」☆☆☆☆☆

https://youtu.be/vYA1QAkw4Zo

アルバム通して、一番変な入りの曲だと思います。

お祭りみたいなイントロと、ミニマムなバンドサウンドが、ちょっとあって、あとはマイルドにエモい。

オルタナティブの顔をした、エモチューン。

 

曲名にもParanoiaって付けられていて、本人たちの変な曲にするぞぉーっていう気概が感じられる。

 

メロがピンとこない、星0。