承認欲求の骨

総合的な言語感覚を磨く練習です。

淡家朴『職場への愛想、尽きる』(2019)

久しぶりに、少し弱っていました。 それは、人と話すということにおいて、 私自身の認識のズレや意地悪、僻みに関して、 少し反省をしていたと言い換えられるかもしれません。 出回っている常套句や、自明の道理のようなものに対して、再考してみようという…

淡家朴『謝罪攻撃』(2019)

人は知性の多寡で相違する。 怒りという感情の正体は、 「理解不能」による「混乱」だからである。 理屈ではかなわないというのは、 かなう理屈を持っていないと、 言い換えることができる。 その上で、「謝る」という行為の無意味さについて考えてみる。 私…

淡家朴『他人の目が優れているという思い込み』(2019)

「人」という文字の中に、単数でも複数でもなく「他人」という意味合いを保存している言語が日本語である。 その日本語を使って関係を拵えている集団に、残念ながら私も生きている。 「人を見たら泥棒と思え」 「人を呪わば穴二つ」 日本人の、他人の目に対…

淡家朴『定人ではない』(2019)

私の社会的な身の立て方。 つまりは、社会参加の形は、労働者として、また、夫として、或いは父として、そういう衣装に袖を通されて凍らされてしまう。 私という意思の観念形態は、言葉という衣装に袖を通して、以って対世界との関係を拵えている。 しかし果…

淡家朴『人間的に成長って何?』(2019)

不登校になる人がいる。 不登校気味になる人がいる。 そのまま社会に出られなくなる人がいる。 社会に一度出たものの、社会生活が長続きせず、再び社会に出られなくなる人がいる。 パラサイトシングルと揶揄される人がいる。 大人の引きこもりが、メディアで…

淡家朴『結婚障害』(2019)

先日、そこまで仲良くしていた覚えのない友人の結婚式へ参加した。 率直に言って、私は余り楽しめなかった。しかし、行かなければよかったとは思ってはいない。行ってよかったと思った。色々と現場の空気感を知ることができ、実践演習となった。二人には感謝…

淡家朴『浮気についてⅡ』(2019)

イデオロギー、ツァイトガイスト、ドラマツルギーなど、言葉は様々あるが、いずれにしても、それらは人々が属している国家、地域領域内に一般、通用する時代の空気や理念の総称である。 セクシャリティに関する時代の空気や理念について考えてみると、人間が…

淡家朴『変人として生きる寂寥』(2019)

今日は密かに、友人達に別れを告げた。もう多分、永遠に会うことは無いだろうという人たちにも、密かに別れを告げて来た。 誰一人として、私を見送りに来なかったことはご愛嬌か。とにかく、私の人嫌いは完全に実ったようだ。まるで人間失格の刻印を付された…

淡家朴『生きる意味』(2019)

生きる意味はなんですか? と問われたら、 「死ぬのが怖いだけです。」と答えるようにしようと、思ったことがあります。 「あらゆる常套句に対して興味がない。私はそれよりも、もっと上のことを考えている。」 というふうに自己を演じれば、コミュニケーシ…

淡家朴『心拍数の中で考える』(2019)

これは、現時点での人生の感想である。 私は、人と話すことが上手くない。 しかし、身内を観察していると、 私よりも、もっと上手くないと思う。 というのが、何を見てそう思うかというと、 完全に、他人付き合い用の顔を作っている。 つまり、「いい子」に…

淡家朴『身体感覚と思考体温』(2019)

"その言い方は「冷たい」" "なんて「温かい」言葉だろう。" ここで、心が温まる。或いは、心が冷え切る。という時の、温度とは、何だろうか? まさに今、強姦をしている最中だという男の心は果たして冷たいのだろうか? 或いは、老年介護に疲れ果て、今、ま…

淡家朴『注意する声がうるさい』(2019)

人が30人も40人も集まって、全員が澄まし顔をして、静けさを保存しているという様子は、極めて異様である。 そこに咳払いの一つでも落として、その張り詰めた空気を緩和したいという気に駆られる。 30人全員が初対面という事情ならば、静けさが保たれること…

淡家朴『勉強をしたくない人たち』(2019)

僕は勉強をしたくないんです。 と、言い切ってしまうと、バカっぽいので。 そういう人たちは、往々にして「勉強する意味」などという幻想を追い始める。 勉強をする意味とは何か。 「歴史」を勉強する意味は何か? そもそも、歴史とは何か。歴史とは歴史家の…

淡家朴『教育』(2019)

そういう言葉に対面して、ほぼ何も思わなくなってから、一体どのくらいでしょうか。 どうか、と言われても、ええそのようですねと答えることしかできません。 教育論、こういう教育をすれば、こういう人間が育ちますということが、色々書いてあっても、仕方…

淡家朴『子育てという無駄な努力』(2019)

子育てとは、全て無駄な努力である。 何故ならば、セックスをして子供を作りさえしなければ、その努力はしなくてよかったことであるからだ。 言うなれば、セックスのオプションである。 しかし、こう言い捨ててしまうと、あまりに救いがない。 何故ならば、…

淡家朴『思いやりというオナニー』(2019)

人は、性が下手である。 人の人を好きになり方が、顔や、血、目の色や、皮膚の色、障害の有無、思考、解釈の違い、身長、脚の長さ、胸の大きさ、脂肪の量… とにかく、そういった、差異を経由することが、性の下手な何よりの証拠であろう。 性が下手とは何か…

淡家朴『浮気とは何か』(2019)

浮気とは何か。 まず、手元の検索エンジンを使ってみる。goo国語辞書によると、 1 一つのことに集中できず心が変わりやすいこと。また、そのさま。移り気。 2 (性愛の対象として)特定の人に心をひかれやすいこと。また、そのさま。多情。 3 配偶者・婚…

淡家朴『虚像』(2019)

書き手があるということは当然、書かれたものが存在していくということに結びついている。そして、書かれたものは常に、読み手の視線が注がれることを待っている。 私は書き手として、視線を設定するという一番大切な作業を怠っていたようだ。 つまり、何処…

淡家朴『存在と無気力』(2019)

私は何だろうか。 確かにある、このはっきりとした実際。 身に覚えている存在。 「実存」という言葉があるようですが、それはそれで、そういう一つの到達地点。 古い流行歌謡のような哲学。 じゃあ、私は、何なのか。 私は、きっと、それではないし。 そうい…

淡家朴『行為依存としての芸術』(2019)

沖合に出て漁をして、混沌の海の中から魚や蟹を取り上げて、それを生きていくための糧にした海辺の人。森の中を闊歩する鹿や熊を、狩猟し、それを生きていくための糧とした山里の人。そのどちらの人も、同じように、ストーリーを持とうとしました。これが、…

淡家朴 『睡眠をやめてみる宣言』(2019)

私は、考えている。 ある時にはペンを持って、ある時にはギターを抱え、ある時には手持ち無沙汰で、私は考えている。 私は、向き合っている。 今、まさに今、刻々と過ぎていく時間と、向き合っている。とりわけ、これといった理由も、目的も無い。ただ、意識…

淡家朴『頭爆発しそう』(2019)

私が今まで、音楽、ことCDに費やしてきた金額を、簡単に計算しましたら、300万円でした。 多分、楽器や、スタジオレンタル費用、ライブノルマ費用など、音楽に関する全てを合わせたら500万円くらいにはなるでしょう。 養育費に換算すると、中学生くらいまで…

淡家朴『優しい人ねって言われても』(2019)

優しい人だね。 私の中の、言われたら傷つく言葉ランキング上位を誇り続けている、まじないのような言葉です。 「やさしい」 やさしいとは、何か。 私が、他者に「優しい人だね」といわれた時の、私の心理を率直に描写すると以下のようになります、 「優しい…

淡家朴『私は面白くない人』(2019)

私は、あまり人と話したくはありません。 特にコミュニケーションが苦手という訳ではありません。むしろ、他人に媚び諂ったり、コロコロと表情や態度を変えたり、時には虚偽の評価を伝えて、相手を喜ばせたりすることに上手な、所謂「上手を言うズルい」人間…

淡家朴『行儀脅迫根性』(2019)

「行儀が悪い」 こういう言葉を、何度も聞きました。 そして、何度も聞きながら、未だにこの行儀なるものと、打ち解けられていない私がいます。 行儀とは、何か。 例えば、食事の場面で、食事に集中しなければ、行儀が悪いと言われてしまいます。 つまり、食…

淡家朴『死後の世界』(2019)

死後の世界はあるのか。 私は、無いと思う。 理由は、簡単。 数ある臨死体験の、どれを読んでも、 人間の宗教の世界観の域を出ないからだ。 臨死体験として、世界的な注目を浴びたのは、アメリカの脳外科医、エレンアベグサンダーのものだろう。彼は、脳外科…

淡家 朴『愛されやすさ』(2019)

イジメの発生リスクを抑えるための様々な取り組みがなされている。 その一つに、イジメられる側の性質についての研究がある。 これは社会学、心理学の分野だ。 ヴァルネラビリティ(攻撃誘発性、いじられやすさ)という言葉がある。 例えば、「身体を洗わない…

淡家朴『精神崩壊とデフラグ処理』(2019)

「理解できないクセに、知ろうとするバカが居る。」 今あえて、こういう風に書いた。厭な風に書いた。"理解できないクセ"に、"知ろう"とするバカが居るのだ。 理解できないことがあると、なるべく理解しようとするのが人の常だろう。私も、理解できないこと…

淡家朴『知性とは何か』(2019)

知性とは何か、まず考える。 それは一定の範囲内を正確に記憶する能力だろうか。 また、 一定の時間内に、その記憶を引き出して、的確に出力する能力だろうか。 そういった、インプットとアウトプットの内容から、一定の範囲内を、一定の時間内に、正確に記…

川井躁葉『マナドクス』(2019)

母牛の口動の捻転する切り落とした首の海に埋まる人形の関節は塗膜の原液の塹壕を洗う卓の上の瓶に百足の触覚を暗転して砂丘の小陰唇に宇宙船の常識障害児童要請強制更正執行正道に胎動へ大量の鉱滓へと続く受精卵壊疽増殖骸骨群れ殺し嗤い乍ら階段に連結集…